Caprilli,F.(英語表記)CaprilliF

世界大百科事典内のCaprilli,F.の言及

【馬術】より

…19世紀にはフランスのソーミュールの騎兵学校のドール子爵Comte Antoine d’Aure(1798‐1863)が柔軟な乗馬を唱え,これに対してボーシェFrançois Baucher(1805‐73)が格式を重んじた馬術を説いて,ここに近代馬術の基礎が築かれた。さらにイタリアの大尉カプリーリFederico Caprilliによる騎乗法の改良などが加わり,馬術はスポーツとして確立し,1912年の第5回ストックホルム・オリンピック大会から正式種目として採用された。ただし,実際の出場者は48年ロンドン大会まで軍人中心であった。…

※「Caprilli,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android