コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Carassius auratus Carassiusauratus

世界大百科事典内のCarassius auratusの言及

【キンギョ(金魚∥錦魚)】より

フナ(コイ目コイ科)の観賞用に改良された飼育品種で,アジア大陸の長江(揚子江)下流域で古くから改良が行われていたといわれる。色彩,体の長短,ひれの有無,形状などの差異により多くの品種に分けられている。日本に最初に輸入された時期については諸説があるが,室町時代の末期,文亀2年(1502)に当時の明から泉州堺の港に伝来したとの記録がほぼ定説となっている。以後,日本で長期間にわたって飼育改良されて多くの品種が固定されている。…

【フナ(鮒)】より

…コイ目コイ科フナ属の淡水魚の総称。アジア系のフナCarassius auratus(飼育品種のキンギョを含む)とヨーロッパ産のヨーロッパフナC.carasius(英名crucian carp)の2種に大別される。アジア系のフナは変異が多く数亜種に細分されるが,その分類については研究者の間で必ずしも見解が一致していない。…

※「Carassius auratus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Carassius auratusの関連キーワードフナ(鮒)フナ金魚鉄魚

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android