コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Carmer,J.H.C. CarmerJHC

世界大百科事典内のCarmer,J.H.C.の言及

【プロイセン一般ラント法】より

…1780年フリードリヒ2世(大王)の命により,従来の継受ローマ法(ローマ法の継受)の適用を排し,新たに理性とラントの事情に適合し補充的効力をもつ一般法典をつくる目的で,法典編纂事業が開始された。その推進力となったのは,カルマーJohann Heinrich Casimir Carmer(1720‐1801)やスバレツCarl Gottlieb Svarez(1746‐98)らの啓蒙司法官僚である。1791年には,その成果として〈プロイセン一般法典Allgemeines Gesetzbuch für die preussischen Staaten〉(AGB)が完成したが,フランス革命の過激化とともに,この法典を危険視する反動勢力の陰謀により,その施行は無期延期となった。…

※「Carmer,J.H.C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone