コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cervus taiouanus Cervustaiouanus

世界大百科事典内のCervus taiouanusの言及

【カロク(花鹿)】より

…タイワンジカ,ハナジカともいう。台湾特産の白斑の顕著な偶蹄目シカ科の哺乳類。肩高85~90cm,体長150cm前後,体重40~90kg。ニホンジカに似るが胴が長く,四肢がやや短く,体の地色は栗色で胴に多数の白斑があり,冬毛でも白斑は消失しない。角は長さ45~50cm,ニホンジカ同様成獣では3叉(さ)(4尖(せん))であるが,最下位の枝(第1枝)が異様に短い。かつては台湾の平地に多数生息したが,乱獲のためしだいに減少し,1930年代には,東海岸の大庄と鳳林付近の原生林に残存するのみといわれるに至った。…

【ニホンジカ】より

シカ【今泉 忠明】。。…

※「Cervus taiouanus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone