コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Chiastocheta trollii Chiastochetatrollii

世界大百科事典内のChiastocheta trolliiの言及

【ハナバエ(花蠅)】より

…したがって林床植物の豊富な明るい樹林,林縁部,河畔,山岳地の渓流沿いやお花畑などは好適な生息場所である。 タカネチビハナバエChiastocheta trolliiは北海道の山岳地から知られ,高山植物のシナノキンバイの花上でふつうに見られるが,このハエはヨーロッパではキンバイソウ属の花に産卵し,幼虫はその花托を食べて育つことが知られている。ハナバエ類の幼虫にはこのほかキノコを食べるもの,針葉樹の球果を食害するもの,シダ植物の葉に潜り食害するもの,動物の糞を食するもの,ギングチバチが朽木中の巣に狩り集めたハエ類を食べて育つと思われるもの,地中営巣性のハナバチがその子のために蓄えた花粉やみつを横取りするものなどが知られている。…

※「Chiastocheta trollii」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Chiastocheta trolliiの関連キーワード白雲錦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android