コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Coster,D. CosterD

世界大百科事典内のCoster,D.の言及

【ハフニウム】より

…しかし元素の特性X線に関するモーズリーの法則およびN.H.D.ボーアの原子構造論から,ボーアは72番元素が4価の40番元素のジルコニウムZrやトリウムThの同族元素であると推定した。これにもとづき,1913年ボーアの研究室にいたハンガリーのG.vonヘベシーおよびオランダのコスターD.Coster(1889‐1950)は,ジルコニウム鉱物ジルコンのX線分析を行って,ボーアの予想どおりの72番元素の存在を確かめた。そしてこれから水溶液の塩をとり出し,分別結晶をくりかえし,新元素を分離した。…

【ヘベシー】より

…フライブルク大学で学位を得,カールスルーエ工業大学でF.ハーバーの助手を務め,1911年マンチェスター大学のE.ラザフォードのもとで放射能の研究を行った。23年コペンハーゲンのN.H.D.ボーアのもとでコスターDirk Coster(1889‐1950)と共同で,X線分析法によって72番元素ハフニウムを発見し,ボーアの原子構造論に大きな支持を与えた。26年フライブルク大学教授となり,第2次大戦中スウェーデンに亡命し,ストックホルム大学教授を務めた。…

※「Coster,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone