コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Court de Géblin,A. CourtdeGeblinA

世界大百科事典内のCourt de Géblin,A.の言及

【タロット】より

…語源はアシュトレト=アスタルテ女神とも,古代ペルシア語のタリスクtariskから派生した古代エジプト語のタルートtarut(〈問いかけられた者。余は答えを切望する〉の意)ともいわれ,後者はナイル川の水の増減を占う卜占装置として発生したという起源説(クール・ド・ジェブランA.Court de Géblin)と結びつく。またタロットの〈大アルカナ〉22枚は,ヘブライ語のアルファベット22文字にそれぞれ対応しているところからヘブライ起源説(E.レビ)があり,さらに古代インドのチェス遊戯チャトゥル・アンガchatur‐angaに特に〈小アルカナ〉のデザインを思わせるものがあることから,インド起源説もある。…

※「Court de Géblin,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Court de Géblin,A.の関連キーワードヨーロッパ司法裁判所最高裁判所国際仲裁裁判所卓球の用語バスケットボールの用語連邦最高裁判所知的財産高等裁判所ICCICJSC

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android