コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cranach,L.(子) CranachL

世界大百科事典内のCranach,L.(子)の言及

【クラーナハ】より

…ドイツ・ルネサンスの画家。オーバーフランケン地方のクローナハKronach生れ。修業時代についてはほとんど不明。1500年ころ,当時のヨーロッパ文化の一大中心地であったウィーンに移り,初期の主要作品はここで生まれた。《悔悛のヒエロニムス》(1502),《十字架のキリスト》など,ウィーン時代の宗教画は悲壮で,緊迫した宗教感情がみなぎり,当時のドイツ絵画の中でも異彩を放っている。04年ころの《エジプト逃避途上の休息》は,早春のみずみずしい自然描写をまじえた抒情性豊かな作品で,ドナウ派の一人としてのこの頃のクラーナハの特徴がよく出ている。…

※「Cranach,L.(子)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Cranach,L.(子)の関連キーワードヘルダー教会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android