コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Daniil Romanovich DaniilRomanovich

世界大百科事典内のDaniil Romanovichの言及

【ガーリチ・ボルイニ公国】より

…しかし重要な河川および陸路交通の要衝でもあったため貿易を有利に展開することが可能であった。ロマンの死後国内では貴族が勢力を振るい,またハンガリー,ポーランドの介入を受けたが,ロマンの子ダニイルDaniil Romanovich(1201‐64)により再建され,新たな経済的・政治的高揚期を迎えた。しかし,タタール人の侵入に直面し,ダニイルはローマ教皇をも巻き込んで対抗したが,結局キプチャク・ハーン国の勢力圏に組み込まれる。…

※「Daniil Romanovich」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Daniil Romanovichの関連キーワードグリシンビゴツキー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android