コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Duboisia hopwoodii Duboisiahopwoodii

世界大百科事典内のDuboisia hopwoodiiの言及

【嗜好品】より

タバコ 一般的にいって嗜好品は,人類文化史上ではかなりおそくなってから用いられたものとみられる。採集狩猟文化の段階の古い姿をかなりとどめているといわれる民族,たとえばアフリカのピグミーが,ゾウ狩りの前に麻酔性のナス科植物の実を食べ,若干のアボリジニーはピチュリ樹Duboisia hopwoodiiの葉を嚙むといわれるが,ともにその起原は,これらの文化の内部ではあまり古くさかのぼるものとは思われない。しかし農耕文化においては,催酔性飲食物はかなり普及している。…

※「Duboisia hopwoodii」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Duboisia hopwoodiiの関連キーワードズボイシア