コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

E1 いーいち

世界大百科事典内のE1の言及

【求核反応】より

…どちらの反応も,反応速度が基質の濃度だけによって決まる一分子反応と,基質と試薬双方の濃度によって決まる二分子反応がある。求核置換ではSN1,SN2,求核脱離ではE1,E2とそれぞれ区別する。一方,アルデヒドやケトンのカルボニル基C=Oの炭素は,ハロゲン化アルキル以上に求核攻撃を受けやすい。…

※「E1」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

E1の関連キーワードパトモス島の“神学者”聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟の歴史地区〈コーラ〉ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群パナマアルカラホルトバージ国立公園ケトグルタル酸脱水素酵素フランク=ヘルツの実験S. ベルイストレームパーティクルボード四端子定数(回路)タラゴーナの遺跡群ワスカラン国立公園インポテンス治療薬リッツの結合原理ガウスの相反定理ゴイアス歴史地区グルカゴン遺伝子2階建て新幹線Maxやまびこミルマンの定理

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

E1の関連情報