コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Emperor's silk Emperorssilk

世界大百科事典内のEmperor's silkの言及

【将軍糸】より

…江戸初期,将軍が長崎貿易で優先的に購入させた白糸。外国商人からエンペラーズ・シルクEmperor’s silkと呼ばれた。徳川家康は初期政権の財政上の補てんのこともあって,外国貿易にはきわめて熱心で,1603年(慶長8)に幕府を開くと,長崎代官に側近の小笠原一庵,ついで長谷川藤広を派遣し,その配下に糸巻物以下売買の代官として弟の長谷川忠兵衛,それに茶屋又四郎(3代目四郎次郎)を長崎に下し,白糸やその他の軍需品の購入に当たらせている。…

※「Emperor's silk」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Emperor's silkの関連キーワード将軍糸Kindle FireクラッシュシルクシルクプリントBorlandシルク絹の疑惑 シルク・ストーキング探偵は絹のトランクスをはくSilk 王室弁護士マーサ・コステロサイオーシルクサイエンス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android