Eosphaera

世界大百科事典内のEosphaeraの言及

【ガンフリント生物群】より

…カカベキアは化石として報告されて後に,ウェールズ,アラスカ,アイスランド,ハワイなどの土壌中でそれに似た形態の原核細胞の微生物が見つかった。また,28~32μmの大きさで,中心の大型細胞を小さな細胞が取り囲んでいるエオスフェラEosphaeraと命名された構造が見つかっているが,分類上の位置はわかっていない。現在までに報告されたラン藻を含む8属12種の微化石は,すべて原核生物であり,この時期には真核生物は出現していなかったと考えられている。…

※「Eosphaera」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android