Europithecus

世界大百科事典内のEuropithecusの言及

【化石霊長類】より

…前者は多くの特徴によって原猿類と真猿類の移行的位置にあり,後者はかつて最古の人類ではないかと騒がれたオレオピテクスへと進化し,絶滅した。そのほか,中新世化石類人猿ドリオピテクス類につながるといわれるエジプトピテクスEgyptopithecusやオリゴピテクスOligopithecusやプロプリオピテクスPropliopithecus,中新世テナガザル類のプリオピテクスやリムノピテクスの祖先と思われるエオロピテクスEuropithecusなども見つかっている。中新世になると,広鼻猿類や狭鼻猿類,さらに後者に含まれる類人猿や人類の祖型がほぼ完成したということができる。…

※「Europithecus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android