コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

F コロナ えふころな

世界大百科事典内のF コロナの言及

【コロナ】より

…散乱光の強さからコロナは1cm3当り108個程度の自由電子を含む希薄な気体であることが示唆された。また,外部コロナの光は太陽・地球間の細かい塵が太陽光を散乱して生ずる部分を含んでおり,これをFコロナと呼ぶことがある。内部コロナは輝線スペクトルも放射している(これをEコロナという)が,これらのスペクトルはいかなる地球上の物質のスペクトルにも同定できず,初めは地上に存在しない太陽固有の元素からの輝線ではないかと考えられたが,1930年代に至って,これらは9~13回電離という高階電離をした鉄やカルシウムなどのイオンからのものと判明し,コロナは100万~200万Kという高い温度をもっているという驚くべき事実がわかった。…

【太陽】より

…そのスペクトルは光球のスペクトルそのもので,多数のフラウンホーファー線が認められる。これをFコロナと呼ぶ。いわばにせのコロナである。…

※「F コロナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

F コロナの関連キーワードCMI(Computer Managed Instruction)トヨペットコロナハードトップ RT50トヨペットコロナRT40スペースシャトル飛行記録斜長石ウラル石化作用リンジー バクスターロビン アスクウィズジュディ ギースンウイルス(医学)ドルーサイト構造薄膜トランジスタ鋼心アルミ撚り線カール・ビンソンSPACE21ボルゴニョーネケリファイト太陽観測衛星システム工学ドルーサイト太陽観測装置

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android