コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

G8サミット

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

G8サミット

Gは「グループ」の頭文字、8は参加国数を表す。だが、首脳会議は9人だ。日本、米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、ロシアの8カ国に欧州連合(EU)の行政機関である欧州委員会の委員長が加わる。さらには議題に関連する「アウトリーチ国」の首脳もG8首脳と会談する見通し。今年のハイリゲンダムサミット(ドイツ)には中国、インド、ブラジルなどの新興国(BRICs)やガーナ、ナイジェリアなどアフリカの首脳のほか、国連事務総長や世界銀行総裁も参加した。このため、外務省は洞爺湖サミットで周辺を訪れる関係者は各国随行者約2千人、報道関係者3千〜4千人とみている。

(2007-12-19 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

G8サミットの関連キーワード再生可能エネルギー活用への取り組み対アフリカ協力基本方針(日本の)サンクトペテルブルク・サミット資源ナショナリズム(ロシアの)G8ハイリゲンダム・サミットロシアの資源ナショナリズムドービルパートナーシップグリン デービースG8認知症サミットトニー ブレア京都議定書日米関係資源外交無形資産

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

G8サミットの関連情報