Garretson,J.E.(英語表記)GarretsonJE

世界大百科事典内のGarretson,J.E.の言及

【口腔外科】より

…しかし,歯科医学の体系が整ってきたのは17世紀ころからといわれ,抜歯,歯肉剝離(はくり)などの口腔外科小手術器具の開発が行われるようになった。19世紀になり,アメリカにおける口腔外科の父といわれているフーリヘンSimon P.Hullihen(1810‐57)が初めて口腔外科手術の中に口唇・口蓋形成手術などを取り入れ,口腔外科医oral surgeonを初めて名のったのはギャレットソンJ.E.Garretsonだといわれる(1869)。20世紀に入り,塩酸プロカインの発見(1905)により抜歯術が確立され,以来,抜歯のみならず顎・口腔領域の外科的処置の開発がなされた。…

※「Garretson,J.E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android