Goltz,F.L.(英語表記)GoltzFL

世界大百科事典内のGoltz,F.L.の言及

【ゴルツの反射】より

…求心性情報としては,血管内圧受容器,血管内化学受容器,各種内臓,皮膚,眼球などからの情報がたいせつである。ゴルツFriedrich L.Goltz(1834‐1902)は,カエルを用いて腹部壁をピンセットとか適当な棒で数回軽くたたくと心臓の拍動が減じたり,また停止することを見いだした。これは,打腹によって腹部の皮膚の皮膚と筋を支配する体性求心性神経と内臓を支配する内臓神経中の求心性繊維が興奮し,その情報が延髄に行き,心臓支配の迷走神経活動を高めるために,心臓の拍動が抑制される反射性反応であり,この現象をゴルツの反射あるいはゴルツの打腹実験と呼ぶ。…

※「Goltz,F.L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android