コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Goormaghtigh's cell Goormaghtighscell

世界大百科事典内のGoormaghtigh's cellの言及

【腎臓】より

…介在部は,集合細管を経て集合管に至るが,その間,血管極のごく近くで必ず一度,輸入細動脈に接近し,ここに緻密斑とよばれる特殊な構造を形成する。この部には,扁平につぶれたような核をもつグールマーティ細胞Goormaghtigh’s cellが層をなして密集しているが,これは後述する腎臓の内分泌と深く関与している(図7,図8)。
[尿細管と尿の生成]
 糸球体での原尿の産生が,物理学的なろ過であったのに対して,尿細管では生体に必要なものを再吸収し不必要なものを捨てるという選択的な,そして能動的な,いいかえれば生物学的な処理がなされる。…

※「Goormaghtigh's cell」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone