コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gould,J. GouldJ

世界大百科事典内のGould,J.の言及

【博物学】より

…また20世紀にはいると,チャレンジャー号による深海生物や微生物の採集など新しい対象が加わり,研究体制も近代化していった。画工では石版技法を図鑑に応用して成功を収めたE.リア,グールドJohn Gould(1804‐81)らが出た。アメリカでは全博物図鑑中の最大傑作といわれるJ.J.オーデュボン《アメリカの鳥類》がほぼ同時期に出版されている。…

※「Gould,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Gould,J.の関連キーワードグレン・グールドをめぐる32章チャンドラーバンダービルトヒックスアッベ(Cleveland Abbe)イマジズム大進化チャンドラー(Seth Carlo Chandler)バークレイズ銀行らしんばん座

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android