コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Grand Trunk Canal GrandTrunkCanal

世界大百科事典内のGrand Trunk Canalの言及

【運河狂時代】より

…沿岸航行と河川航行が盛んだったイギリスでは,むしろ運河建設は遅かったが,1761年に完成したブリッジウォーター運河が,ワースリーからマンチェスターへの石炭積出用として大成功して以来,産業革命の中心となったランカシャーやミッドランドをはじめ全国に運河が掘られた。ミッドランドのトレント渓谷とランカシャーのマージー川を結ぶ大幹線運河Grand Trunk Canal(別名,トレント・マージー運河)を軸として,セバーン,テムズ両川などとも連絡したので,主要な都市がことごとく内陸水運で結ばれたのである。運河は,法によって許可された会社組織で建設,運営された(図)。…

※「Grand Trunk Canal」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Grand Trunk Canalの関連キーワード小笠原明子魚類/主要用語解説陽極線貝類/主要用語解説ケン マクラウド中国大運河Knight Grand Cross of the Order of the British Empire石坂希恵謳歌-ouka-(業務提携)公国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android