コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Heresbach,C. HeresbachC

世界大百科事典内のHeresbach,C.の言及

【農書】より

…やがて,耕地にマメ科牧草(クローバー,ルーサン)が栽培されるようになる。このことを最初に記したのは,ドイツのヘレスバハConrad Heresbach(1496‐1576)の書《Rei rusticae libri quattuor》(1570)であり,ドイツにおいて最初に活字印刷された農書である。本書は7年後にゴージュBarnabe Googe(1540‐94)が英訳し,《Foure Bookes of Husbandrie》として出版された。…

【豆】より

…この両地方は,ともにルネサンスの中心で,東西の交易と毛織物工業によって大都市が発達し,当時のヨーロッパで人口の最も稠密(ちゆうみつ)な地方であった。次いで,ドイツ最古の農書であるヘレスバハConrad Heresbachの書《Rei rusticae libri quattuor》(1570)は,ケルン近郊で,耕地にクローバーが栽培され,家畜の飼料とされていることを記述している。この本は7年後,ゴージュBarnabe Googeにより英訳され,イギリスで刊行された(1577)。…

※「Heresbach,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android