コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hildreth,R. HildrethR

世界大百科事典内のHildreth,R.の言及

【日本研究】より

…アマチュアリズムとの境界があいまいなまま,よかれあしかれ個性豊かに進められてきたイギリスの日本研究は,ようやく大きな転機を迎えている。【ゴードン・ダニエルズ】【横山 俊夫】
[アメリカ]
 アメリカ人の手になる最初の日本研究書は歴史家ヒルドレスRichard Hildreth(1807‐65)の《過去と現在の日本》(1855)であろう。《アメリカ合衆国史》6巻(1845‐52)の著者として知られる彼は,ヨーロッパによるアメリカの〈発見〉,開拓を調べているうちに,ほぼ同時代に行われたヨーロッパによる日本の〈発見〉に興味をもつようになり,日本に関する文献を読みあさって一冊の本にまとめた。…

※「Hildreth,R.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android