Hohmann,W.(英語表記)HohmannW

世界大百科事典内のHohmann,W.の言及

【ホーマン軌道】より

…同一平面内において円軌道から円軌道への移行を行う場合に,宇宙船に与えなければならない速度変化の合計,つまり必要なエネルギーが最小になるような移行軌道。考案者であるドイツ人ホーマンWalter Hohmann(1880‐1945)にちなんでこう呼ばれる。実際には,初期軌道を離れるときと目標軌道に到達したときの2回,速度変化を行う2インパルス軌道が必要速度最小になり(ただし,移行軌道の比によっては,3インパルスの移行が最適となる場合も存在),これらを含めてホーマン型移行と呼んでいる。…

※「Hohmann,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android