コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hymenolepis nana Hymenolepisnana

世界大百科事典内のHymenolepis nanaの言及

【ジョウチュウ(条虫)】より

…主としてイヌの体毛に付着した虫卵を経口摂取して感染するが,六鉤幼虫は小腸上部で孵化して腸壁に穿入(せんにゆう)し,肝臓,肺,脳などいろいろな臓器組織に至って包虫を形成し,ヒトに致命的な害(包虫症)を与える。またコガタジョウチュウHymenolepis nanaやシュクショウジョウチュウH.diminutaは,本来ネズミの寄生虫であるが,ヒトにも感染し,とくに子どもに多い。これには,ノミやコクゾウムシなどの中間宿主体内の擬囊尾虫(囊虫の一型)の摂取または虫卵の直接摂取により感染する場合があり,さらに,自家感染もある。…

※「Hymenolepis nana」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Hymenolepis nanaの関連キーワード山下奈々紺谷みえこNANA宮﨑あおい丸山智己田久保修平川原慶久平原奈々nRm平塚奈菜