コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

I 型アレルギー いちがたあれるぎー

世界大百科事典内のI 型アレルギーの言及

【寄生虫アレルギー】より

…そして2分子以上の抗体が抗原と反応すると,その刺激が細胞内に伝えられ,細胞は脱顆粒現象を起こしてヒスタミンその他の化学伝達物質を放出する。これらの物質によって,血管透過性の亢進,平滑筋の収縮,好酸球数の増加・局所への遊走などが起こり,いわゆるI型アレルギーの症状が発現するのであるが,寄生虫感染によるその代表的なものを挙げると表のようになる。なお,IgE抗体の存在は,即時型皮内反応,プラウスニッツ=キュストナー反応Prausnitz‐Küstner reaction,RAST(radioallergosorbent testの略)などによって証明することができる。…

※「I 型アレルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

I 型アレルギーの関連キーワード子どものアレルギー性の病気の特徴と対策プラウスニッツアナフィラキシーショック免疫のしくみとはたらき全身アナフィラキシーぜんそく様気管支炎ツベルクリン反応アトピー性皮膚炎アナフィラキシーレフラー症候群遅延アレルギー即時アレルギーPIE症候群恩賜賞受賞者減感作療法気管支喘息アレルゲンアネルギーアレルギー好塩基球

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android