コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Iris laevigata Irislaevigata

世界大百科事典内のIris laevigataの言及

【アヤメ】より

…【矢原 徹一】。。…

【カキツバタ(燕子花∥杜若)】より

…水湿地を好むアヤメ科の多年草(イラスト)。〈いずれアヤメかカキツバタ〉といわれるようにアヤメにすこぶるよく似た花を,ほぼ同じ時期(5~6月)に咲かせる。しかし葉が幅広く1~3cmになり(アヤメは1cm以下),花の小花梗が子房よりも長い点で両種は区別される。《万葉集》にもカキツバタを詠んだ歌があり,古くから知られていた。花を集め布にすりつけて染めることもあったらしい。日本では,ノハナショウブから品種改良されたハナショウブが江戸時代から重要な園芸植物として,世界的に誇りうる品種分化が進んだのに対し,カキツバタやアヤメは,白花などの色変り,斑入りなどの品種を除いては,見るべき園芸品種が育成されなかった。…

※「Iris laevigata」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Iris laevigataの関連キーワード加岐都波多加吉都播多垣津幡燕子花垣津旗垣幡杜若

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android