コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Jung,J. JungJ

世界大百科事典内のJung,J.の言及

【レイ】より

…つまり同一の種のものは同一先祖をもつとした。さらにユングJoachim Jung(1587‐1657)の手記を入手し,それにより植物用語を改良し,植物学に大きな発展をもたらした。そのほか,イルカなどの比較解剖学に関する論文や民間伝承に関する著作も残している。…

※「Jung,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Jung,J.の関連キーワード死者はいつまでも若いアナテクシス底盤コンジェネリック花崗岩放浪性花崗岩エピボライトエクティナイト原地性再生底盤再生底盤サブオウトクトヌス底盤BROWNEYEDSOUL

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android