Kenoran orogenic movement(英語表記)Kenoranorogenicmovement

世界大百科事典内のKenoran orogenic movementの言及

【アルゴマン変動】より

カナダ楯状地で始生代の末期を示す地殻変動。ケノーラン造山運動Kenoran orogenic movementともよんでいる。アルゴマン花コウ岩の貫入とそれに伴う変成作用の時期は22億~26億年前で,平均25億年前である。…

【カナダ楯状地】より

…これをとりまいて古生代以後の造山帯が形成された。古くはアルゴマン花コウ岩の貫入を伴う造山運動(アルゴマン変動)を始生代と原生代の境としたが,近年これはケノーラン造山運動Kenoran orogenic movement(24億~25.6億年前)とよばれている。カナダ楯状地内は発達の歴史によって始生代(25億~37億年前)の岩石よりなる地域,原生代前期(16億~25億年前)の岩石よりなる地域,原生代中期(8億~16億年前)の岩石よりなる地域などに分けられている。…

※「Kenoran orogenic movement」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android