コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Knoop,F. KnoopF

世界大百科事典内のKnoop,F.の言及

【脂肪酸】より

…動物細胞では余分のエネルギーは必ず脂肪として蓄えられる。1904年にクノープF.Knoop(1875‐1946)は,動物体中で変化しないフェニル基を末端に導入する方法で,脂肪酸の分解物を確認する実験を行った。彼はその実験から,脂肪酸は順次C2単位で取り除かれるという仮説(β酸化説)をたてた。…

※「Knoop,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Knoop,F.の関連キーワード硬さ試験パラアミノ安息香酸