Kruczkowski,L.(英語表記)KruczkowskiL

世界大百科事典内のKruczkowski,L.の言及

【ポーランド文学】より

…1930年代に入ると,ポーランド・ロマン主義の伝統とは無縁な,グロテスクを現実把握の原理とする最も20世紀的な作家群(S.I.ビトキエビチB.シュルツW.ゴンブロビチ)が出た。またクルチコフスキLeon Kruczkowski(1900‐62),バシレフスカ(ワシレフスカヤ)らのプロレタリア小説もこの期に特徴的なものである。 新芸術運動の波はさまざまな思潮が渾然として流入したために,アバンギャルドと総称されるおもに詩と演劇と美術の運動として1920年代に興った。…

※「Kruczkowski,L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android