Kruczkowski,L.(英語表記)KruczkowskiL

世界大百科事典内のKruczkowski,L.の言及

【ポーランド文学】より

…1930年代に入ると,ポーランド・ロマン主義の伝統とは無縁な,グロテスクを現実把握の原理とする最も20世紀的な作家群(S.I.ビトキエビチB.シュルツW.ゴンブロビチ)が出た。またクルチコフスキLeon Kruczkowski(1900‐62),バシレフスカ(ワシレフスカヤ)らのプロレタリア小説もこの期に特徴的なものである。 新芸術運動の波はさまざまな思潮が渾然として流入したために,アバンギャルドと総称されるおもに詩と演劇と美術の運動として1920年代に興った。…

※「Kruczkowski,L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android