コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Laugier,M.A. LaugierMA

世界大百科事典内のLaugier,M.A.の言及

【近代建築】より

…この諸側面はすでに18世紀中ごろから個別的に現れていた。
[近代運動まで]
 1750年代以降の新古典主義建築家の中には,ルドゥー,ブーレー,ジリー,ソーンのように,抽象的かつ幾何学的な建築形態を追究する者が現れ,理念的に建築の原型を想定するロージエMarc‐Antoine Laugier(1713‐69)のような理論家も存在した。ここに近代建築の萌芽の一つが見いだされる。…

※「Laugier,M.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android