Leiopelmatidae

世界大百科事典内のLeiopelmatidaeの言及

【カエル(蛙)】より

…それらは比較的原始的なグループ(ムカシガエル亜目)と,比較的新しいグループ(カエル亜目)に大別される。 ムカシガエル亜目には成体に尾を動かす筋肉が痕跡的に残存するニュージーランド産のリオペルマ科Leiopelmatidaeと,アメリカ合衆国北西部産のオガエル科Ascaphidaeとがまずあげられる。前者は〈生きた化石〉ともいわれ,幼生は卵の中で変態を終えて出てくるが,尾がしばらく残っている。…

※「Leiopelmatidae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android