コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ludolf von Sachsen LudolfvonSachsen

世界大百科事典内のLudolf von Sachsenの言及

【カトリック改革】より

…したがって第1期と第2期の間には思想や人物の明らかな連続がある。たとえば第2期の改革の担い手のひとりであるイグナティウス・デ・ロヨラに大きな影響を与えたのは第1期に属するカルトゥジア会修道士ザクセンのルドルフLudolf von Sachsenの《キリスト伝》であった。第2期に属するできごとにはイエズス会(1540創立)をはじめとする新修道会の設立と活動があるが,最も重要なのはトリエント公会議の開催とその第1会期(1545‐47)と第2会期(1551‐52)の〈信仰教義の決定〉である。…

※「Ludolf von Sachsen」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ludolf von Sachsenの関連キーワードルドルフウルスロイの思い出フーフ官房学派パトチュカアルベルツスイラリオンウィーンバルクヘルダー教会シュラーギントワイト兄弟利益法学

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone