コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ludwig IV(der Heilige) LudwigIV

世界大百科事典内のLudwig IV(der Heilige)の言及

【チューリンゲン】より

…そのあとを弟のヘルマン1世Hermann I(1155ころ‐1217)が継ぐが,彼は文芸愛好の君主として知られ,ドイツ中世吟遊詩人の代表者であるワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ,ウォルフラム(エッシェンバハの)などが彼の宮廷のあるアイゼナハを訪れ,13世紀半ばに成立した長編抒情詩《ワルトブルクの歌合戦》は,中世チューリンゲン文化の全盛期をしのばせるものがある。13世紀初頭の方伯ルートウィヒ4世Ludwig IV der Heilige(1200‐27)は,ハンガリー王の娘,聖エリザベートと結婚したが,皇帝フリードリヒ2世に従って第5回十字軍に出征し,オトラントで死去した。この若い伯の死は大きな衝撃を与え,のち聖者と仰がれ,《聖ルートウィヒの十字軍行》という韻文詩にうたわれた。…

※「Ludwig IV(der Heilige)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Ludwig IV(der Heilige)の関連キーワードファスビンダーシュレンドルフシュリンクケーラーハウザーベルグラーフパナマレンコウィーヘルトエンゲルスクラーゲス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android