コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Möbius,P.J. MobiusPJ

世界大百科事典内のMöbius,P.J.の言及

【パトグラフィー】より

…傑出した人物の精神病理的側面を検討し,それが彼らの創造活動に及ぼした影響や意義を明らかにしようとする研究をいい,〈病跡〉または〈病跡学〉と訳される。古代ギリシア以来の長い伝統をもつ〈天才と狂気〉論の流れを,精神医学の土壌で引きついだ形になっているが,これを19世紀の末から20世紀の初めにかけて精細な分析によって基礎づけたのはドイツの精神医学者メービウスP.J.Möbius(1853‐1907)で,〈パトグラフィー〉という用語も彼の論文《シェッフェルの病気について》(1907)のなかで初めて使われた。メービウス以後,この方面はとりわけドイツ語圏を中心として発展をとげ,その間にS.フロイトらの精神分析学派,ヤスパースらの現象学派,ランゲ・アイヒバウムらの社会学派,クレッチマーらの体質生物学派などが活躍して,それぞれ独自の業績をあげている。…

※「Möbius,P.J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Möbius,P.J.の関連キーワードメービウスの帯メビウスの帯

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone