コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mārūt Marut

世界大百科事典内のMārūtの言及

【天使】より

…たとえば,〈聖霊〉〈誠実な霊〉ともいわれて預言者ムハンマドに啓示を伝え,イエスを強化したガブリエル,それに匹敵する地位にあるミカエル,終末のらっぱを吹くイスラーフィールIsrāfīl,またマーリクMālikと呼ばれる地獄の番をする天使,ザバーニーヤZabānīyaと呼ばれる地獄での責め苦をつかさどる天使たち,神の玉座を支え,またその周辺にあってつねに神をたたえる天使たち,各人の両側にいてその人の行為を逐一記録する天使,墓場で死者を審問して苦しめるムンカルMunkarとナキールNakīrの2天使などである。コーランでは天使の神への絶対的従順性が強調されており,後にはその無謬(むびゆう)性が強調されてくるが,コーランはまた性的誘惑に負け,人間に妖術を教えたハールートHārūtとマールートMārūtの2天使にも言及している。【中村 広治郎】
[キリスト教美術に現れる天使]
 天使は一般に,一対の翼をもつ人間の姿で表される。…

※「Mārūt」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android