M0船(読み)えむぜろせん

世界大百科事典内のM0船の言及

【船舶自動化】より

… システム開発期は,船舶をシステムとしてとらえ,船舶の運航機能の全体制御を中心に自動化を図ろうとする段階で,現在から将来に向かってのものということができる。
[M0船]
 機関の遠隔操作可能船が30%をこえ,機関の自動化の対象範囲が増大したことで,機関室での夜間当直をしない体制の確立の機運が世界的に出てきた。日本でも1965年にM0の規格ができ,現在では一般的な船舶の標準規格となってきた。…

※「M0船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android