コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MS-MS えむえすえむえす

世界大百科事典内のMS-MSの言及

【質量分析法】より

…小型で高感度・高速走査というユニークな特性のため急激に普及し,現在では磁場型のものを凌駕(りようが)するまでになっている。今後の主流は,2台の質量分析計(MSと略記)を直列に結合したタンデム質量分析計(MS‐MS)に移ってこよう。 質量分析器の主要部は,測定または分析すべき試料をイオン化しそれを加速するイオン源部と,それらイオンをその質量に従って分離分析する分析場と,分離されたイオンを検出測定する検出部との3部分から構成されている。…

※「MS-MS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android