コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Massufa Massufa

世界大百科事典内のMassufaの言及

【ワラタ】より

…14世紀のイタリアの地誌家の記述にはワラタの名があり,アラブの大旅行者イブン・バットゥータは1352年にこの町(彼はイワーラータンと呼んでいる)を訪れて50日滞在し,その後24日歩いて当時のマリ帝国の都に赴いている。イブン・バットゥータはこの町を,サハラを南下してきて初めての黒人の国(スーダン)の町としているが,住民の大部分はムーア(モール)人の一部族と思われるマスーファ族Massufaの商人で,北アフリカからの商品がここでおろされ取引されていると述べている。真水の井戸があり,ナツメヤシ,スイカなどを栽培し,羊が多く,住民はエジプト製のよい衣服をつけ,女性の地位が高く,母系が重んじられていたとも記されているが,最後の点は,西サハラの遊牧民トゥアレグの母系継承の影響を思わせる。…

※「Massufa」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android