コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mitscherlich,E.A. MitscherlichEA

世界大百科事典内のMitscherlich,E.A.の言及

【収穫逓減の法則】より

…このように,ある因子の効果が因子の量の増加に伴って漸次低下していくことをいう。 ミッチャーリヒE.A.Mitscherlichは1909年にこれを数式化して dy/dxk(Ay)とした(yは収穫量,xは因子の量,Aは最大収穫量,kは効果の率を示す定数)。この式はある因子の増加分dxと収穫量の増加分dyの比dy/dxは,そのときの収穫量yと因子が十分にあるときの最大収穫量Aとの差に比例するということを示すもので,これからyA(1-ekx)という式が導かれ,yxの関係はほぼ図に示すような曲線になる。…

※「Mitscherlich,E.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Mitscherlich,E.A.の関連キーワード収量漸減の法則同形の法則(同形律)報酬漸減の法則最少量の法則逃避フロイト学派民族意識

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android