コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mogensen sizer Mogensensizer

世界大百科事典内のMogensen sizerの言及

【ふるい(篩)】より

… ふるい面を多重化することによって,なん回か網目を通過した粒子のみを網下産物とするようになっているふるいは,多重ふるいまたは確率ふるいと呼ばれることがある。この種のふるいはスウェーデンのモーゲンセンF.Mogensenによって考案・開発されたモーゲンセンサイザーMogensen sizerによって代表される。このふるいの特徴は先に述べた弧状ふるいと同様,ふるい分け粒度が網の目開きの約1/2程度と小さいことにある。…

※「Mogensen sizer」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android