コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

N カスケード えぬかすけーど

世界大百科事典内のN カスケードの言及

【シャワー】より

…入射粒子がハドロンの場合には原子核との衝突によってπ中間子の多重発生を起こし,ハードシャワーhard showerと呼ばれる。また,これが物質中で繰り返し発生して数を増す現象は,核カスケードシャワーnuclear cascade showerあるいはNカスケードN‐cascade,核カスケードという。γ線や電子の場合には原子内電場との相互作用によって,γ線は電子・陽電子対の創生を,また,電子,陽電子はγ線の放射を繰り返すため,シャワーの成分はγ線,電子,陽電子の混合したものとなり,電磁カスケードシャワーelectro‐magnetic cascade showerまたは電磁カスケードと呼ばれる。…

※「N カスケード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

N カスケードの関連キーワードセントヘレンズ火山国定公園クレーターレーク国立公園ニューベリー火山国定公園ボー・ル・ビコント庭園カスケード・トンネルラッセン火山国立公園モファット・トンネルアップリンクポートホミ・J. バーバサイクリックAMPサイクリックGMPレーニア山国立公園4リピーター規則ポール テイラーアメリカ合衆国ソビエト連邦ウラン濃縮タイル表示カスケード核活性成分

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android