コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NLA

大辞林 第三版の解説

NLA

〖neuroleptanalgesia〗
ニューロレプト麻酔。神経遮断麻酔。麻酔法の一。強力な神経遮断薬と鎮痛薬を併用し、意識を失わせずに手術可能な状態にする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NLA
えぬえるえー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のNLAの言及

【麻酔】より

… なお,神経遮断薬と鎮痛薬を静脈内注射すると,意識は保たれるが周囲に無関心な鎮静状態,無痛状態となり,手術が可能な状態となる。このような方法をニューロレプトアナルゲシアneuroleptanalgesia(NLAと略記)という。循環が安定するが呼吸抑制は著しい。…

※「NLA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

NLAの関連キーワードneuroleptanalgesiaライプチガー・ツァイトゥングエドワード・A. バージアンゴラ全面独立民族同盟グリーンランドリゾートTOEFL(トーフル)旧ユーゴ諸国史(年表)レイブ・エイリクソンJ.M. サヴィンビクーラ・カンリ[山]ソーダサニディン岩タテゴトアザラシビーンランド伝説フィンランディアシゲチャンランドギリシア(古代)バイオマイシングリーンランドハーゼブレックフィンランド湾