コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nelson,G. NelsonG

世界大百科事典内のNelson,G.の言及

【アメリカ美術】より

…1920年代後半にベル・ゲッデスNorman Bel Geddes(1893‐1958),ティーグWalter Dorwin Teague(1883‐1960)らがインダストリアル・デザイナーとして独立し,37年にはシカゴでL.モホリ・ナギの指導下に〈ニュー・バウハウス〉が設立されデザイン教育の中心となった。第2次大戦後は家具の分野で,ヨーロッパ出身の建築家のほかネルソンGeorge Nelson(1908‐86),C.イームズらが機能主義的造形を生み出した。一般に実用主義がアメリカの工芸を貫く基本原理である反面,フォーク・アートのような素朴で稚拙な側面ももっている。…

※「Nelson,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Nelson,G.の関連キーワード水成沈澱岩カンザス・シティチャドウィック(Sir James Chadwick)E. ラザフォードネルソン山ネルソンレークス国立公園ベンEキングネルソン伝ザナドゥバイオストローム

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android