コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nuruosmaniye Nuruosmaniye

世界大百科事典内のNuruosmaniyeの言及

【イスタンブール】より

…宮廷ではハレムが政治的陰謀の巣窟と化し,高官やウラマーの間で情実,賄賂,売官の風習が一般化した。
[西欧化と都市の変貌]
 18世紀以後,とりわけ〈チューリップ時代〉にはルイ15世治下のフランス文化が流入し,建築,服飾,絵画,音楽などの各分野にロココ風の様式が現れ,ヌール・オスマニエNuruosmaniyeモスク(1755完成)にその粋がみられた。1853年にボスポラス海峡沿いにバロック様式を模したドルマバフチェ新宮殿Dolmabahçe Sarayıが完成すると,宮廷はそこに移った。…

※「Nuruosmaniye」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android