コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nuruosmaniye Nuruosmaniye

世界大百科事典内のNuruosmaniyeの言及

【イスタンブール】より

…宮廷ではハレムが政治的陰謀の巣窟と化し,高官やウラマーの間で情実,賄賂,売官の風習が一般化した。
[西欧化と都市の変貌]
 18世紀以後,とりわけ〈チューリップ時代〉にはルイ15世治下のフランス文化が流入し,建築,服飾,絵画,音楽などの各分野にロココ風の様式が現れ,ヌール・オスマニエNuruosmaniyeモスク(1755完成)にその粋がみられた。1853年にボスポラス海峡沿いにバロック様式を模したドルマバフチェ新宮殿Dolmabahçe Sarayıが完成すると,宮廷はそこに移った。…

※「Nuruosmaniye」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android