コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Oh 型 おーえっちがた

世界大百科事典内のOh 型の言及

【血液型】より

…これには遺伝的な原因によるもの(変異型)と後天的な環境(病気など)によるものとがある。前者の定型例としてBm型,Oh型(通称ボンベイ型),シスA2B3型があり,後者の例としてA型の直腸癌・子宮癌患者における〈B様抗原〉の獲得(病気の経過中にB様抗原を一時的に獲得してAB型にみえる)があげられる。Bm型(5000~6000人に1人)は,B抗原を赤血球にもっているのに,それが極端に弱いため日常の検査法では証明できずにO型とみまちがわれやすい(マカク類のサルの血球と同じような反応態度であることからmonkeyにちなんでmという名称が与えられた)。…

※「Oh 型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Oh 型の関連キーワードペルオキソホウ酸(ペルオキソ硼酸)サセックス石(データノート)ニッケル‐カドミウム電池水酸化アルミニウム陽イオン交換樹脂ヒル石(蛭石)水酸化コバルト酸化カルシウムベイルドン石金属錯塩染料硫化バリウム塩基性炭酸銅分光化学系列水酸化亜鉛ローソン石アヘイル石泉関奈津子ビーバー石マンデル酸真嶋りりか

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android