コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ostwald,W. OstwaldW

世界大百科事典内のOstwald,W.の言及

【オストワルト】より

…ドイツの化学者。ラトビアのリガの生れ。父親は桶造りを営んでいた。ドルパト大学で化学を修めて学位を得,リガ工業大学の化学教授,ライプチヒ大学の物理化学教授を歴任。1870年代から20世紀初頭にかけて物理化学の建設に大きな役割を果たし,1909年にノーベル化学賞を受けた。オストワルトの最初の研究はJ.トムセンによる酸の親和力に関する研究と関連するもので,種々の酸と塩基の間の化学平衡を,溶液の密度や屈折率の測定に基づいて研究した。…

※「Ostwald,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Ostwald,W.の関連キーワードギブスグレアム(Thomas Graham)色の体系アレニウス池田菊苗大幸勇吉オストワルト(Carl Wilhelm Wolfgang Ostwald)グルベル桜田一郎統一原子質量単位

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android