コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Paál L. PaalL

世界大百科事典内のPaál L.の言及

【ハンガリー】より

… 19世紀半ばの民族主義の動きのなかで,画家は自国の風物や歴史を描きはじめた。その代表として,ミュンヘンのピロティK.von Pilotyに学び歴史画の大作群を残したベンツールBenczúr Gyula(1844‐1920),パリで同時代の新しい技法を試みたが,民族固有の表現を求めたセーケイムンカーチ,バルビゾン派に傾倒したパールPaál László(1846‐79),分割された色の輝きを精緻に画面に固定し印象派になぞらえられるシニェイ・メルシェSzinyei‐Merse Pál (1845‐1920)らが挙げられる。彼らの活躍に続いて,1896年以来トランシルバニア北部のナジバーニャNagybánya(現バイア・マーレBaia‐Mare)などに芸術家コロニーが形成され,後期印象派や象徴派,フォービスムや表現主義に至る諸相をみせた。…

※「Paál L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone