コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Paulus Manutius PaulusManutius

世界大百科事典内のPaulus Manutiusの言及

【マヌティウス】より

…また彼が好んで採用した小型本(八つ折判)の判型は,それまで大型の手写本に慣れていた読者層から,新しく簡便な判型として歓迎された。 アルドゥス・マヌティウスが創設した出版所は,彼の死後その末子パウルスPaulus Manutius(1512‐74)が引き継ぎ,出版活動の本拠をローマに移し,おもにキケロの著作集などを出版して繁栄を続けた。パウルスの死後,出版所はその息子で祖父と同名のアルドゥス2世Aldus Manutius(1547‐1597)が継承して大学教授の務めのかたわら出版を続けたが,アルドゥス2世が後継者を残さずに死ぬと,出版所は閉鎖され,初代以来収集してきた蔵書群も散逸した。…

※「Paulus Manutius」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone